漆作家 川真田克實氏の作品 <煤竹花入れ> のご紹介

  • 2017.07.14
  • 逸品


画像左より、¥75,600、¥70,200、¥59,400(全て税込)

200年以上、民家の囲炉裏で燻された屋根材であった煤竹を用いたこれらの花入は、江戸時代の職人が切り落とした鉈跡を景色として作られております。

漆作家 川真田克實氏
1954年 徳島県生まれ
1977年 大阪芸術大学建築科卒業
同年  黒田辰秋氏に師事
1985年 独立 滋賀県大津に工房を構え、現在に至る

関連記事

関連記事をもっと見る
  • 順理庵の理念
  • 順理庵・重松 理が考察。 結城紬に見る、新しい装いの可能性とは。
  • 店舗のご案内